2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はスゴイ!豊橋動物園 - 2011.04.22 Fri

日にちが開きすぎてしまいましたが、豊橋最終章は、
私が豊橋で一番大好きな場所をご紹介しま~す。

それはどこかというと・・
豊橋動植物園 別名 のんほいパーク
IMG_4491_r.jpg

独身時代でも名古屋から帰ってくると1人でふらりと寄りたくなる場所で、
もちろん今回の帰省でもぺーと母と行って来ました。

豊橋動物園、あまり知られていないけど実はスゴイんです。

まず一つ目は、アフリカ園
動物園なのに柵がない?!・・・と感じるくらい、広大なスペースに
サバンナの動物達がのんびりと暮らしております。
シマウマ+ダチョウなど、数種類ずつ共存してるところも、好き。

IMG_4313_r.jpg

ね、広いでしょ??


IMG_4315_r.jpg
シマウマって、タテガミもしましまなのね~っ。
IMG_4334_r.jpg
カバ・・。なんて平和そう。

お次はオーストラリア園
コアラはいませんが、カンガルーとエミューが共存してます。
IMG_4371_r.jpg

CIMG1660-2.jpg

CIMG1658_r.jpg
↑この図を愛の抱擁と取るか、プロレス技かけてると取るかはあなた次第?!

IMG_4417_r.jpg

カンガルー: 「なんだか見たことないチビデブがいるわね・・」




そして豊橋動物園のスゴイところ、その2!
今となっては飛ぶ鳥をおとす勢いの北海道・旭山動物園が
参考にしたという、ホッキョクグマのダイビングが見られるんです~。
あちらの方が宣伝上手なんで負けてますが、こっちが元祖なんですよ☆
IMG_4304_r.jpg
ちなみに3頭いたホッキョクグマですが、先日一頭が北海道にお嫁入りしました。

IMG_4452_r.jpg

ホッキョクグマだから、夏なんて暑くてちょっと可哀相・・と思いきや、
豊橋のホッキョクグマちゃん達は豊橋での生活が長すぎて、まさかの暑がりだそう。笑
冬に冷たい水の中にもぐるのも、エサの時間に水中に落とされた魚を取る時のみ!
エサの時間は11:00と2:30。
ちびっ子やカメラマンも、この時間を狙って待ち構えてました。
私もさすがにぺーを抱っこして&写真撮影できないので、母にぺーを託してカメラ小僧に。

ざっぶーんと、目の前の水槽にシロクマが飛び込んでくると、やっぱり大迫力!
IMG_4461_r.jpg

IMG_4462_r.jpg
IMG_4444_r.jpg


同じように水槽を横から見える展示方法のペンギンも面白いです。
IMG_4286_r.jpg

IMG_4301_r.jpg
ぺー、ぺんぎんだよ~!
まだ本人より、ぺーと動物を一緒に写真に収めようとやっきになってる私たちのほうが
楽しんじゃってる感じ。


これで終わりじゃありません、豊橋動物園。
IMG_4350_r.jpg
恐竜もいます!!
ティラノサウルスとトリケラトプスがお出迎えしてくれる「自然史博物館」は、男の子が
わくわくしそうなエリアです。
IMG_4340_r.jpg
外の広場では恐竜に登って遊べます♪
IMG_4366_r.jpg
背中に乗って、「はいっ、チーズ♪」
IMG_4367_r.jpg
恐竜のしっぽに腰掛けた女の子、
「おとうさーん、写真撮って~」
「全部入らないよ~」・・とほほえましい会話が聞こえてきました。

他にも見ごたえのある植物園あり、遊園地もありで一日遊べる豊橋動物園、
小学校にあがるまで無料なんて素敵すぎる~。
(小中学生でも、入園料¥100デス)

最後に珍獣の一枚です。
IMG_4437_r.jpg
好物はバナナです。
スポンサーサイト

渡し船に乗る。  (豊橋 牛川の渡船) - 2011.04.15 Fri

前々回で豊橋カレーうどんネタを書いたとき、
予想外にカレーうどん+えびふりゃーの組み合わせに多数ツッコミをいただき、
同じ日本でも、自分の普通が他の地域では普通じゃないということを
再確認させられました。

そんなもしかしたら普通じゃないかもしれない豊橋ネタ、
あと2回ほどございますので今しばらくお付き合いくださいませ。


豊橋・・・愛知県で新幹線が止まる都市のひとつですが(こだまが多いけど)
街には路面電車が走るのどか~な街。
小さな頃から、町の中を路面電車が走っていたのを日常的に見ていて、
名古屋の自動車教習場(※愛知県ではシャコーと呼びます)
先生に「黄色の矢印信号は路面電車用です、まぁ豊橋くらいしかないけどね」と
教えられた時には何だか誇らしいような恥ずかしいような気持ちになりました。

さてそんな豊橋で、私も両親も30年以上1度も乗ったことがなかった乗り物に
初挑戦してきました。

それは・・渡し舟
IMG_4203_r.jpg
聞くところによると起源は平安時代からとかで(市営になったのは昭和7年~)、
7年前に廃止の話も出たそうですが市民から廃止反対運動があり、
現在でも変わらず運航されているとのこと。

豊川の両端を結ぶこの船、橋がない地域でこれに乗らないとぐるーーっと遠回りしなければ
いけない人々の足として使われていて、普通に通勤通学に使っている人もいるそうです。
運賃は無料で、自転車なんかも一緒に乗れます。
IMG_4263_r.jpg
手描きの「渡船はこちらです」の看板、味がありますねぇ・・

IMG_4204_r.jpg
ひっきりなしに往復しているわけでは無いので、この「船よび板」をこんこんとやると
中で休憩中の船頭さんが現れました。

今では観光目的でもあるので、別に向こう岸に用事がない私達も快く乗せてもらえました~。
IMG_4244_r.jpg
真っ黒に日焼けした肌と白い歯がまぶしい船頭さん。
なかなかのお喋りやさんで(笑)聞いてないのに色々よもやま話をしてくれましたが、
船のライセンスはじめ、人命救助などのライセンスもお持ちで、今まで何人もの
命を救ったとか。
川幅80mという短い距離だけど船は船だから、ちゃんとした人が船頭さんで安心よね。

IMG_4213_r.jpg
こんな長~い竿で、ゆっくり船の向きを変えながら進みます。

IMG_4216_r.jpg
この日は雲ひとつない快晴で、風を感じながらの川渡り、気持ちいい~。
反射した太陽がまぶしすぎて、向きによっては目を開けないくらい。

ゆーっくり時間をかけて往復し、無料でかなり楽しませてもらえました。
IMG_4235_r.jpg

ウィキペディアで調べた所によると、現在も廃止されず残って運航されている渡し舟は、
全国でも29箇所とのこと。
近年になり道路が整備されたりライフスタイルの変化で、
こういった「昔ながらの」ものが消えてしまうのは
仕方ない一面もあると思うけど、切ないもの。

今や貴重な存在の渡し舟、また帰省した時にぺーと乗りにきたいと思います。


豊橋 牛川の渡船 詳細はこちら

IMG_4256_r.jpg

カリモク60 - 2011.04.10 Sun

2月にトロントから帰国してからというもの、
ブログタイトルは@横浜なのに、横浜に居ない期間の方が長い私・・

引っ越してきてからまず最低限の家電だけ揃えただけで、
未だ社宅の部屋は整っておらず
私が1人暮らしをしていた時の小さなテーブルを
そのまま使ってるので、そろそろ家族の人数に見合ったものが
欲しいところ。

私も母も普段からインテリアショップを覗くのが好きなので
豊橋滞在中もフリーペーパー片手にあちこち覗いてみました。

フリーペーパーの小さな広告に、「カリモク60正規取扱店」の文字を見つけ、
それは行ってみないと!!とぺーも車に乗せてgo~!

top-img_kumitate.jpg

カリモク60とは・・

数年前のミッドセンチュリーの流行~現在の北欧人気の中で、
日本のそれに通ずるものがあると注目され一躍有名になったブランドですが、
もともとは老舗家具メーカー「カリモク家具」が発売していたアイテムのひとつ。
(カリモク60について分かりやすく書いてあるページはこちら。)

さらに掘り下げると、「カリモク」になる前は「刈谷木工工業」という小さな木工所でした。
これは調べて書いているのではなく、母から聞いた話で、
というのも母の実家は刈谷で、嫁入り道具として家具を選びに、
お父さん(私のおじいちゃん)に連れて行ってもらったそう。
(その時はまだ小~さな薄暗い家具屋だったそうです)

実際、豊橋の家のダイニングセットとリビングにあるアームチェアは
カリモク製。
当時から「カリモクらしい」すっとした脚と丁寧な作りは健在で、
35年たっても現役です。

IMG_3694_r.jpg
現在カリモク60を取り扱っているのは少数で、本社ショールームにも取り扱いはなく
全国の正規販売店のみだそうです。

三河地方で唯一の正規販売店という「seven style」というお店に行ってきました。
豊橋人には馴染みのある言葉ですが、「水上ビル」と呼ばれる、
川の上にある商店街の一角にありました。
(ちょっぴり寂れた商店街なので、遠くから足を運ばれた人は多分びっくりするかと・・)


扉を開けると、1階はビンテージ家具や雑貨を販売してました。
ユーズド家具をきちんとメンテナンスし、また販売しているそうです。
IMG_3692_r.jpg

ん、この布張りのソファはなんだか懐かしいなぁ・・と思ったら。

(ぺーが寝てしまったので)私と入れ替わりでお店に入った母はびっくりしたそうですが
私が幼少期、我が家にあった応接セットと全く同じものとのこと。
母がお店の人に「飛騨産業のソファですよねぇ」と話しかけたら
「よくご存知ですね~」と話が弾んだそう。

さて本命は、2階にあるカリモク60ショールーム。
IMG_3691_r.jpg

カリモク60の中でも特に人気の「kチェア」をはじめ、
ほとんどのアイテムが揃ってました。

す・て・き~。

古めかしいけど新しい、
計算されたシンプルさ。

IMG_3688_r.jpg

家具は1度買うとなかなか買い換えられないから、
目の保養~とひやかしでお店をみてまわる事が多いけど
「これがうちに来たら・・」と妄想を膨らませながら見て廻るのは
楽しいもの。

あせらずお気に入りを探したいわぁ


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

豊橋ネタでもうひとつ。

「B級グルメ」が脚光を浴びてる昨今ですが、
豊橋でもウリにしているB級グルメがありました。
IMG_3681_r.jpg

カレーうどんはカレーうどんでも・・
IMG_3682_r.jpg
食べ進めると、中からとろろご飯が現れるという、驚きの2重構造!!
一粒で2度美味しいカレーうどんです。

豊橋カレーうどん」を名乗るには
・自家製麺であること
・豊橋うずらを使用すること
などのルールがあるらしく、加盟している47のお店で
お店ごと趣向をこらしたカレーうどんをいただけます。
(スタンプラリーもある)

今回ランチで行ったお店はもともと普通の(?)うどん屋さんですが、
行列ができる程で、結構な人がカレーうどんをオーダーしてました。
地域おこしになるB級グルメっていいよね。

今年もイチゴ狩り - 2011.04.07 Thu

先ほど新幹線で、横浜に戻ってきました。
豊橋⇔新横浜はひかりでちょうど一時間、あっという間です。

約3週間、パパと離れて暮らしていた息子ぺーですが、
ひさしぶりに顔を合わせたらどんな表情をするか楽しみにしていたら・・・

まさかのギャン泣き(笑)
抱っこされたら更に気絶しそうな程に大声で泣き、あーあ、とーちゃん可哀相~

しばらく様子を伺った後、和解してました。
良かった良かった


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


豊橋にいる間は、毎晩寝かしつけでぺーと一緒にお布団に入ると
そのまま寝てしまって更新が滞ってましたが、
春の陽気に誘われて母と3人、何度かドライブに出かけました。


3月の最終週、渥美半島にイチゴ狩りに行ってきました。
去年の1月、まだぺーがお腹にいた時にも行ったので、
ぺーは人生2回目のイチゴ狩り!・・ということになるかしらん?
(去年の日記はこちら

渥美半島、田原でイチゴ狩りができる農園は20軒くらいあるのですが、
今年も去年と同じ、清田農園さんを予約しました。

なんと言っても時間制限なし&苺が高い位置にあるのでしゃがまなくていい
という所がナイス。
IMG_3832_r.jpg
IMG_3837_r.jpg


イチゴ狩りのピークは12月下旬~2月で、この時期を過ぎると料金がちょっと安く
なる代わりに、大きさや甘みはやや落ちます。
やっぱり去年1月に行った時のような、感動的な甘さではなかったものの、
写真撮影もしつつ、たっぷり一時間半も楽しんじゃいました。

ぺーは今まで苺は食べても小さめ半分くらいがやっと、だったので
どうかな~?と思っていたら、
手をべったべたにしながらも、5つくらい食べました~。
IMG_3820_r.jpg
IMG_3807_r.jpg
IMG_3806_r.jpg
   「いちご最高!!」


帰り道には、去年と同じく、菜の花畑での写真撮影。
IMG_3887_r.jpg

菜の花も、もう終わりで、この日が「葉の花まつり」最終日でした。
毎年お祭りの時はライトアップなどするのですが、今年は震災後の節電もあり
ライトアップは中止になったそうです。
のぼりを片付けに来た係りの方に聞いたら、あと数日したら、刈りとるとのこと。
IMG_3883_r.jpg

海もすぐそこですが、この日は目をあけるのもやっとの強風だったので
海辺で遊ぶのは断念しました。

来年またイチゴ狩りに来るころには、ぺーは走ってるんだろうなぁ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひゅう&ぺー

Author:ひゅう&ぺー
夫と息子ぺーと一緒に、
カナダ・トロントから横浜へ引っ越してきました。
トロントでのブログはこちら。
http://yukonkn.exblog.jp/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
横浜おでかけ (6)
横浜駅 (3)
ぺー (8)
日記 (8)
豊橋・名古屋 (4)
買い物 (1)
東京 (5)
Singapore 日記 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。