2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島応援旅行3日目 五色沼・喜多方らーめん - 2011.05.21 Sat

3日目はお天気も回復し、ペンションをチェックアウト後は湖を散策しました。
裏磐梯で一番人気の散策コースがある五色湖は、散策コースの途中にいくつもの湖があって、
「赤沼」「青沼」などそれぞれ・季節によって異なる色彩の水面が見られるとか。

約4kmのトレッキングコース、ぺーは夫が抱っこします。
抱っこ紐のmax重量は11kgで、最大重量ぎりぎりのぺー、紐が引きちぎれそうです・・。

いないいな~い・・
IMG_5172_r.jpg

ばっ
IMG_5173_r.jpg

IMG_5206_r.jpg

昨日の雨で土もぬかるんでいて、また雪も残っているところもあったので
足元に気を使いながら歩きました。
IMG_5191_r.jpg

エメラルドグリーンの水面・・・森の中にひっそり存在するプールのようでした。
IMG_5216_r.jpg



IMG_5200_r.jpg

この散策コース、地図で言うと直線的なコースの両側に駐車場があって、全部完歩すると
戻ってくるのはタクシー(また歩いて戻ってくるのはかなりキツイ)ので、
ある程度の所まで行って戻る人が多かったようです。
私たちも、途中途中の案内板を見ながら、「どうする?そろそろ戻る?」なんて言いつつ
次に現れる沼の色はどんなのか楽しみながら歩いていたら、完歩できました~。

ぺーは揺れが気持ちよかったのか、途中で夢の中へ。
脱力されると更に重くなるのよね・・。
米俵かかえてのトレッキング、お疲れ様でした。
IMG_5204_r.jpg

タクシーに乗ってスタート地点に戻りましたが
この時運転手さんに、
「例年の半分くらいの人出ですか」と聞いたら
「そんなもんじゃない、5%くらいだよ」と返されたのが忘れられません。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さてお次は、夫が楽しみにしていた喜多方らーめんを食べにいきます。

驚いた事に、らーめん店はどこも行列ができてました。
地元民なのか?遠くから来ているのかは分からないのですが、
らーめんはどんなことがあっても、人と惹きつけるんですね。

一番狙いの「はせ川」はあまりの行列の長さに諦め、「さゆり食堂」に行ってみました。
IMG_5218_r.jpg

らーめん店でカウンターだけだと、ぺーはどうしようと心配でしたが、
小上がりの座敷とテーブル席が半々で、ストローラーでも問題なしでした。

名前を書いて順番を待つシステム、ちょうど私がぺーの物を取りに車に戻っている時に
呼ばれたようで、私が席につくと
夫:「オーダーしといたよ。大盛り2つ」とにっこり。

既に大食いキャラが定着しちゃってます。とほほ。
(否定しません・・笑)

そして来ました!大盛りの醤油らーめん!
IMG_5219_r.jpg
煮干が香るスープは、あっさりとこっくりのバランスが絶妙。これは朝からでもいけそう(笑)
ばら肉のチャーシューもとろける~。
とんこつにバラ肉チャーシューはくどいけど、しょうゆ味にはベストマッチ。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


お腹一杯になった後は、喜多方市内を散策。
喜多方市は、今でも数多くの蔵が現存する全国的にも有名な蔵の町だそう。
その数なんと4000以上で、ほとんどが店舗などに使われているというから凄い!

歴史を感じる建物は、外も中も趣があります。
kura1.jpg
左:味噌と醤油の店蔵「金忠」
まろやかなお醤油やだし醤油を買いました。

IMG_5244_r.jpg

会津は、漆も有名です。
店舗とカフェがつながっている「会津野」

kura2.jpg
併設のカフェではもちろん漆の器を使っているのですが、20年経っても
悪くならないんですよと店主が教えてくれました。

トロントではアンティーク収集にどっぷりはまっていましたが
日本に帰ってくれば和食器の美しさにも心が踊ります。

もう物は増やすまい・・と思っていても、福島応援旅行だしね、とか何とか言い訳。
サラダサーバーを持っていなくて、欲しいなぁと前から思っていたので
サラダサーバーと、あと箸置きなどをちょこちょこっと購入。

うちの食器棚には(今、棚は無いのですが)
瀬戸で1人暮らししていた時に大量に増えたせとものと、
トロントで買い込んだアンティーク、
さらには最近母と私ではまっているイッタラの器などがひしめき合ってます。

でも自分が好きで選んだものは、和も洋も関係なく不思議とマッチするもの。
涼しげなガラスの器をきりりとひきしめる漆の黒と赤の組み合わせもいいんじゃなぁいと、
1人でテーブルに色々並べてはうふふ。
女子って楽しいわ~。
IMG_5464_r.jpg


今回私にとって初めて行ってみた福島旅行でしたが、
自然がいっぱいで、歴史を感じるスポットも美味しいものも沢山あって
いっぺんで気に入ってしまいました。

震災から時間がたって、自分の日々の生活で手一杯になると
誰だって復興支援を一番に考えるのは難しいもの。
でも、何か選択する時に、ちょっと東北のものを選んでみたり
そうやって思いを馳せていけたらと思います。


最近の嬉しかったこと。
バンクーバーのお友達、chi_corさんが「引越し祝い」で
楽天を通してチーズケーキを送ってくれました♪
お店選びに、盛岡だからここのお店のにしてみたよってメッセージをくれて、
有難さが倍増しました。chi_corさん、どうもありがとう~!
IMG_5448_r.jpg
スポンサーサイト

福島応援旅行2日目 花見山・春に色づくもみじ - 2011.05.16 Mon

結局さくさくと進まない私のブログですが、細かい事は気にせず福島2日目の日記です。

4月30日、今年のゴールデンウィークの中で唯一全国的に雨予報でした。

午前中、今にも泣きだしそうな曇り空でしたが、急ぎ足で「花見山」へお花見に。
ここは昨日の「三春滝桜」と並ぶ、福島県を代表する桜の名所だそうです。

桜のピーク時には5万㎡の敷地の郷全体がピンク色で覆い尽くされるほどで
ガイドブックに載ってる写真を見ただけでも、ほぉ~とため息がでるほど。
30日はピークから一週間ほど過ぎていましたが、桜以外の花々も咲き乱れ、
まさに百花繚乱でした。

IMG_5030_r.jpg

IMG_5038_r.jpg

標高180mもあるこの山全体が花見コースになっていて、なだらかな散策コースが整備されてます。
頂上まで登ると2時間近くかかってしまうので、天気も心配だったこともあり、下の方を
小一時間かけてゆっくり楽しみました。

ヒガンザクラなどの桜や菊桃にチューリップ・・
上を向いても下を見ても、花でいっぱい。きれい~

IMG_5079_r.jpg

IMG_5041_r.jpg

一番印象的だったのは、春なのにモミジが紅葉していたこと!
赤いモミジとピンクの桜の共演なんて初めて見ました。
交通整備をしていたおじさんに聞いたら、「デショウジョウ」という春モミジだそうです。
先週はもっと赤く紅葉していたとか。

IMG_5047_r.jpg

IMG_5052_r.jpg

IMG_5072_r.jpg

存在感のある大木も見ごたえあるけど、山一帯が桜で覆われてるこちらも素敵でした。
毎年30万人くらいの観光客が訪れるそうですが、この日は50台程度の臨時駐車場に
すんなり停められました。

来年の桜の頃は、どうなってるかな・・。


さてここからは福島市街から磐梯吾妻スカイラインを通って東にむかい
夜のペンションが予約してある磐梯高原の方へ向かいます。

IMG_5093_r.jpg
山にはまだ雪が残っていて、絶景なり~。
秋には、紅葉の美しさが加わり、一層自然を満喫できるドライブルートだそう。
IMG_5083_r.jpg

ドライブルート途中のレストハウスでちょっと休憩した後 車に乗り込むと、
フロントガラスにぽつぽつと雨が叩き始め、あっという間にワイパーの速度が
最速になるくらいの雨になってしまいました。

山の天気は変わりやすいから、降りたら止むかなと期待したけれど、この日は
一向に止む気配なし。

ペンション周辺の五色沼周辺を散策する予定だったけど、雨では仕方ないので
明日にくりこし、カフェで一休みすることに。
ガイドブックに載っていた、「会津山塩ごはんシュー」「花豆もんぶらん」などの斬新な
ネーミングのケーキに惹かれた
ヒロのお菓子屋さん」を目指して行ってみたら、ケーキは全て完売してしまったとのこと・・あら。


今回の旅行は急に決まってあまり下調べしてなかったので、頼りはガイドブック・るるぶのみ。
掲載されてるお店と地図を交互に見つつ、車を走らせます。
るるぶを頼りに入ってみた「comaya猪苗代店」は、お豆腐や豆乳を使ったスイーツが
いただけるほっこりカフェでした。

IMG_5098_r.jpg

IMG_5103_r.jpg
豆乳カプチーノににっこり。
器は「会津本郷焼」という焼き物だそうで、優しい感じがすごく可愛くて
店内販売されているのを買おうか真剣に悩みました。
お知り合いの夫婦が工房(樹ノ音工房)をされてて、開店の時にオリジナルで作ってくれたそうで、
デザインにさりげなくcomayaの文字が入ってました。

IMG_5099_r.jpg
奥のキッズスペースが可愛い~!ぺーはまだおままごとできないけど、女の子には堪らなさそう。



この日泊まったのは、裏磐梯にあるBeeHiveというペンション。
じゃらんでお料理が絶品との口コミだったのですが、都会の高級レストランにも
負けない美味しさでした。

beehibe.jpg

デザートにモンブランが出てきた~!・・と思ったら、
まさに昼間食べ損ねた、「ヒロのお菓子屋さん」の花豆もんぶらんでした。
ヒロさんとことペンションはすぐ近くなので、デザートは取り寄せしてるとのこと。
転んでもただでは起きない?!我が家でした。

福島応援旅行 1日目 南会津・三春滝桜・飯坂温泉 - 2011.05.12 Thu

ゴールデンウィークが始まった29日から2泊3日で、ドライブ旅行に出かけてきました。

行き先は・・・福島

「え?!今福島に?なんで?!」と言われるかもしれません。
震災から2ヶ月、未だニュースなどで、放射能数値が読み上げられたりしています。

しかし一方で、わたしが普通に生活している中でも、風評被害を感じずにいられない
出来事が多々ありました。
ネットスーパーを利用したら、福島産の野菜になるがいいかという確認の電話がきたり、
地元スーパーでも、栃木のいちごを手に取った奥さんに静かに首をふった旦那さんを
目の当たりにしたり・・
自分の身は自分で守るというのは正当だとしても、何だか悲しくなりました。

そんな時、GWが始まる一週間ほど前、夫が
「どうせどこかに行くんだったら、福島にいこうか」と言ってくれました。

今だからこそ、あえて福島県に旅行にいきたい。
福島県でお金を使って、福島復興を応援してきたい。
そんな気持ちで、急に決まった福島旅行です。

例年ならGW直前なんて人気の宿が取れるわけもないのに、
今年は出発2日前で、じゃらんでも高評価の宿が予約できました。

ETCカード即日発行でETCカードも入手しレンタカーも借りて出発~!


IMG_4887_r.jpg


朝5時に家を出て首都高速から東北自動車道を北上。
那須高原の次の白河というインターで降り、初めに寄ったスポットは
大内宿(おおうちじゅく)江戸時代の宿場町がそのまま残されている集落。
35年前に「伝統的建造物保存地区」に指定され、復元整備を経て、観光地となったそう。
IMG_4848_r.jpg

季節柄こいのぼりが揚げられ、風が吹くと茅葺の屋根をバックに泳いでおりました。
おなかには、「がんばれ福島」の文字が。
IMG_4857_r2.jpg

IMG_4873_r.jpg

oouchijuku.jpg

oouchijuku2.jpg

茅葺屋根を眺めながら縁側に座って 香ばしい味噌が塗られたお餅をあちちと言いながら頬張ったりするのも
良かったし、おそばを食べるために一軒のお店に入ると、それはまた囲炉裏があっていい雰囲気。
串に挿したイワナの塩焼きを囲炉裏で焼いてもらって・・・シンプルで美味!

電線もまったくないこの一帯、ちょっとタイムスリップしたかのような気分が味わえました。


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

大内宿から車で20分くらいにある『塔のへつり』という、渓谷の景勝地にも寄り道しました。
IMG_4790_r.jpg
100万年の歳月が生み出した奇岩が連なってるのですが、岩場は鎖もなくちょっと足がすくみました。


次は郡山のほうへ東へ向かいます。
目的地は、日本三大桜のひとつである、三春滝桜。
ネットで開花情報を見ると、もう満開は過ぎているとのことでしたが、向かう途中の街路樹でも
ちょうど見ごろの桜もあり、期待を膨らませつつ向かいました。

IMG_4935_r2.jpg

IMG_4960_r2.jpg

IMG_4967_r2.jpg

大~きなしだれ桜は樹齢1000年以上とも推定されてるとか。
近づいて見ると咲き終わりで葉が目立ちましたが、遠くから見るとまだまだその滝のように
重なり合う桜の花々が圧倒的な美しさを放っていました。
こんな力強い桜を見たのは初めてかも・・。

関東ではすっかり桜の季節は終わってしまったので、今年もう1度桜を見れたことも
すごく嬉しかったです。


桜ソフトクリームも堪能し、そろそろ泊まる宿に向かいます。
夫が早朝から運転し続けてくれてたので、ここでドライバー交代~。
カナダでも運転してなかったので、2年ぶりくらいにハンドルを握りました。
夫も隣でドキドキしてたはずだけど、寝てたということはまぁ安心と
思ってくれた証拠でしょうか。安全運転で無事到着~。

IMG_5012_r2.jpg

今回泊まったのは飯坂温泉の『青葉旅館』 じゃらん版はこちら

いい意味で、古さや鄙びた旅館宿の雰囲気を感じるこのお宿、
露天風呂を含む貸切風呂は空いていれば24時間いつでも貸切で入れます。
露天風呂にはなんと、枡酒が・・!
露天風呂の桜は残念ながら散ってしまった後でしたが、露天風呂に浸かりながらの一杯・・
最高です。
onsen1.jpg

onsen2.jpg

お部屋で頂く夕ご飯は、テーブルに乗り切らないくらいの皿数でしたが、
ロイヤルウェディングを観ながらぜーんぶ美味しく頂きました。

IMG_4977_r2.jpg

IMG_4978_r2.jpg

この筍の味噌ソース、お皿ごと舐めたくなるくらい美味しかった~。

IMG_4981_r2.jpg

ぺーも持ってきた離乳食の他に、茶碗蒸しを食べました。
若旦那はじめ、仲居さんもすっごく感じがよくて、ぺーにもバンボ(ベビーチェア)や
おもちゃを持ってきてくださり、ほんと良くして下さって感激!

翌朝、出発前に女将さんとお話させてもらいましたが、震災後は7月まで入っていた予約が
ほとんどキャンセルになってしまったのだとか。

(帰ってきた翌週の、フジテレビのとくダネ!で現状の福島の様子が特集され、
青葉旅館が取材されたと教えてもらったので観たところ、キャンセルの赤文字が並ぶ予約台帳が映されてました)
tv.jpg

もちろん、被災された方を優先で援助するのは当たりまえなんだけれど、
被害がなかった地域は、義援金の配当があるわけでもありません。
それなのに福島・茨城・栃木県というだけで、敬遠されてしまうなんて気の毒すぎる・・・

復興は、長期戦。募金して終わり、じゃない。
この地域のものを買ったり、旅行に行く事も復興の一部だという考えが
もっと広まればいいなと思います。

旅行記はまだつづく

ごあいさつ - 2011.03.03 Thu

カナダ・トロントから、夫と息子ぺー(8ヶ月)と
横浜に引っ越してきました。

私にとっては初めての関東圏!

ぺーと一緒にあちこち探検していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひゅう&ぺー

Author:ひゅう&ぺー
夫と息子ぺーと一緒に、
カナダ・トロントから横浜へ引っ越してきました。
トロントでのブログはこちら。
http://yukonkn.exblog.jp/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
横浜おでかけ (6)
横浜駅 (3)
ぺー (8)
日記 (8)
豊橋・名古屋 (4)
買い物 (1)
東京 (5)
Singapore 日記 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。